トップページ > 酵素の効果 > 酵素の働きや効果

酵素の働きや効果

酵素は生きていく上で欠かせない

私たちが、食べ物を消化・吸収したり、アルコールなどの体に害となるものを分解したり、筋肉を動かしたりできるのは体の中で酵素が働いているおかげです。酵素は大きく消化酵素と代謝酵素に分けることができます。
消化酵素は文字通り食べた物を消化するために使われる酵素で、例えばジアスターゼという酵素は炭水化物をブドウ糖に分解します。ちなみに魚料理などのツマとしてよく添えられている大根おろしには、ジアスターゼという消化酵素が含まれていて薬味としての用途以外にも消化を助ける働きがあります。
代謝酵素は、消化によって得たエネルギーや栄養を活動のために体の中で利用し、不要となったものを排出する一連の過程で使われる酵素です。例えば、筋肉の収縮にはクレアチンキナーゼという酵素が関係しています。また、アルコールの分解にも酵素が深く関係していて、人によって酒に強い弱いがあるのは、生まれもってアルコールを分解する酵素の量に差があるためです。

酵素が不足するとどうなるの?

風邪を引いたときに食欲が低下した経験は多くの人にあると思います。これは、体の中に入り込んだ細菌やウィルスを排除する代謝活動が食べ物の消化活動より優先されるためです。体の中の酵素の総量は限りがあるので、代謝に酵素が多く使われると消化に使う酵素が相対的に減ってしまいます。
このことは逆に、添加物が多かったり、脂っこい食事などによって消化酵素を多く使うと代謝に使う酵素が相対的に減ってしまうことも意味しています。
食生活の乱れは摂取カロリーが増えてしまうだけでなく、食べ物の消化活動が優先されることで代謝機能が低下してしまい、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。